経理・会計・経営・ビジネスの資格ガイド~HOME > ベンチャーキャピタリスト検定(初級)の資格・仕事内容

ベンチャーキャピタリスト検定(初級)の資格・仕事内容

【ベンチャーキャピタリスト検定(初級)とは?】  民間資格

ベンチャーキャピタル(VC)とは、将来性のあるベンチャー企業に対して投資を行ない、経営・業務等さまざまな側面からサポートすることを通じて、ベンチャー企業の成長と発展に寄与することを任務としています。ベンチャーキャピタリストとは、そのようなベンチャーキャピタルにおいて実際の投資・支援業務の遂行を担うスペシャリストです。

【ベンチャーキャピタリスト検定(初級)の資格・仕事内容】

日本ベンチャーキャピタル協会が実施する本検定は、ベンチャーキャピタリストに求められる基礎的なスキル・知識について、基礎的な能力をスコア形式で評価することを目的とした資格です。ベンチャーキャピタリストを目指している学生や社会人にとっては自分のスキル・知識レベルを対外的に示すための材料としてこの資格を活用することができます。


  関連書籍はこちら

  この資格を活かせる会社を見てみる

【こんな人にオススメ!】
◇ベンチャーキャピタルで働く人
◇就職・転職に役立てたい人