経理・会計・経営・ビジネスの資格ガイド~HOME > 土地区画整理士の資格・仕事内容

土地区画整理士の資格・仕事内容

【土地区画整理士とは?】  国家資格

公園や住宅、オフィスビル、商業施設等の調和を図り、より機能的で暮らしやすい街づくりを目指して行なわれる再開発事業。土地区画整理士は、住民や行政、デベロッパー等の事業者、そして工事施工者の間に立って、その利害関係を公正な立場から調整し、よりスムーズで適正な土地区画整理事業の実現に貢献する資格です。

【土地区画整理士の資格・仕事内容】

受験するためには実務経験が必要なこともあり、資格士特赦の多くは、土地区画整理事業の関係者です。建築コンサルタントや不動産業者などが殆どを占めています。資格の性格上、独立・開業に直結する資格とはいえませんが、再開発事業が盛んな現在、資格取得者のニーズも増えると予想され、企業内での認識も高まる可能性が高いといえるでしょう。


  関連書籍はこちら

  この資格を活かせる会社を見てみる

【こんな人にオススメ!】
◇建設・不動産業界で働く人
◇公共団体で土地を扱う人