経理・会計・経営・ビジネスの資格ガイド~HOME > 土地家屋調査士の資格・仕事内容

土地家屋調査士の資格・仕事内容

【土地家屋調査士とは?】  国家資格

土地家屋調査士は、不動産(土地や建物)がどこにあり、どのような形状なのか、まだどのように使用されているかなどを、顧客からの依頼を受けて調査、測量し、申請手続や図面作成を行なう専門家に与えられる資格です。

【土地家屋調査士の資格・仕事内容】

不動産登記に関わる手続きは、非常に複雑で困難です。それを登記申請人に代わり一手に引き受ける土地家屋調査士は、その専門的知識と社気的な役割の重要性から、安定した需要を誇り、多くの受験者が集まる難関資格としても知られています。不動産登記の実務知識のほか、測量に関する知識も必要とされるなど、集中的な学習が求められます。


  関連書籍はこちら

  この資格を活かせる会社を見てみる

【こんな人にオススメ!】
◇不動産業界で働く人
◇司法書士
◇独立・開業を目指したい