経理・会計・経営・ビジネスの資格ガイド~HOME > 証券外務員資格試験(二種外務員資格試験)の資格・仕事内容

証券外務員資格試験(二種外務員資格試験)の資格・仕事内容

【証券外務員資格試験(2種外務員資格試験)とは?】  公的資格

証券外務員とは、証券会社(証券業務をおこなっている銀行などを含む)などで証券業務を行う人をいいます。証券会社に入った後に、その氏名などを登録することが証券取引法により義務付けられており、登録手続きが完了しなければ証券外務員として活動することはできません。登録を受けるには、証券外務員の資格を有していることが前提となります。

【証券外務員資格試験(2種外務員資格試験)の資格・仕事内容】

証券外務員資格は従来、日本証券業協会(証券会社や金融機関)の役職員などに限定されていましたが、二種外務員資格試験については誰でも受験することが可能になりました。二種外務員資格試験は一種外務員資格試験と違って、先者取引・オプション取引に関する業務ができない他、信用取引について制限があるのものの、金融業界での実務経験がない人も資格取得するチャンスが広がったといえます。証券会社はもとより、規制緩和によって銀行など証券会社以外でも証券業務を行っているので、未経験者でも評価は大きい資格といえます。


  関連書籍はこちら

  この資格を活かせる会社を見てみる

【こんな人にオススメ!】
◇証券会社などで働きたい