経理・会計・経営・ビジネスの資格ガイド~HOME > 証券アナリスト(CMA)の資格・仕事内容

証券アナリスト(CMA)の資格・仕事内容

【証券アナリスト(CMA)とは?】  民間資格

証券アナリスト(CMA:Chartered Member of Association)とは、証券投資の分野で専門知識と分析技術を応用して、情報分析と投資価値の評価を行い投資助言や投資管理サービスを提供するプロフェッショナルです。

【証券アナリスト(CMA)の資格・仕事内容】

日本証券アナリスト協会の「証券アナリスト教育・試験制度」は、証券(株式、債券、デリバティブなど)の分析・評価に必要な専門的知識と技術の普及を目的としており、通信教育講座による体系的な指導を行い、講座終了後、試験を実施して学習成果を認定するものです。講座および試験は、基礎的な知識と分析力の習得を目指す第1次レベルと、より高度の知識と実務的応用力の修得を目的とする第2次レベルに分かれています。第2次試験まで合格し、実務経験3年以上の入会要件を満たしている方には、日本証券アナリスト協会に検定会員(CMA®)として入会する資格が付与されます。


  関連書籍はこちら

  この資格を活かせる会社を見てみる

【こんな人にオススメ!】
◇金融業界で働く人
◇独立・開業を目指したい人