経理・会計・経営・ビジネスの資格ガイド~HOME > 商業経済検定の資格・仕事内容

商業経済検定の資格・仕事内容

【商業経済検定とは?】  公的資格

商業経済関係科目を学ぶと、この難解な経済面を読むための基本が身につきます。さらに、企業経営の基本原則や、わが国の法体系の基礎を学ぶことにより、それらの報道がより身近に感じられるようになります。国内問題や国際情勢を正しく理解することができる能力を身につけること、このことこそ、商業経済研究部が目指しているものです。

【商業経済検定の資格・仕事内容】

(1)「ビジネス基礎」で商業の基本を身につけ、(2)「マーケティング」で売れ筋商品を考え、(3)「商品と流通」で、商品からビジネス活動を考え、(4)「国際ビジネス」で、ビジネス活動に対する感覚を研ぎ澄まし、(5)「経済活動と法」で法律の基礎知識を身につけることができます。商業経済検定は、左記の5つの科目について検定を行っています。(1)「ビジネス基礎」に合格すると、3級の資格を取得することができます。「マーケティング」「商品と流通」「国際ビジネス」「経済活動と法」の4科目から、1科目に合格すると2級の資格を、2科目に合格すると1級の資格を取得することができます。


  関連書籍はこちら

  この資格を活かせる会社を見てみる

【こんな人にオススメ!】
◇商業高校の生徒・卒業生
◇就職・転職に役立てたい