経理・会計・経営・ビジネスの資格ガイド~HOME > 社会保険労務士の資格・仕事内容

社会保険労務士の資格・仕事内容

【社会保険労務士とは?】  国家資格

労働保険や社会保険に関する法令に基づいて、書類作成や申請・届出を代行したり、労働社会保険や賃金システムなどについてアドバイスや指導を行うのが、社会保険労務士の主な仕事です。頻繁に行われる労働基準法の改正、年俸制度導入やリストラなど、企業の人事・労務の複雑化に伴い、労働関係法の専門家として、社会保険労務士の存在価値も高まっています。

【社会保険労務士の資格・仕事内容】

複雑化する事務手続きを迅速かつ確実に行うエキスパートとして、多くの企業からニーズがある資格です。人事・総務の職についている人や銀行に勤めている人が、取得するケースも多いです。また、専業とされる書類作成・代行業務だけでなく、労務についてのアドバイスを行うコンサルタントとしてもニーズがあります。資格取得後は、人事労務の初級役職者になるまで企業内で勤務して実績を積み、人脈を広げておくことが、将来、独立を成功させるための鍵といえるでしょう。


  関連書籍はこちら

  この資格を活かせる会社を見てみる

【こんな人にオススメ!】
◇独立・開業を目指したい
◇人事労務部門で働く人