経理・会計・経営・ビジネスの資格ガイド~HOME > パソコン財務会計主任者の資格・仕事内容

パソコン財務会計主任者の資格・仕事内容

【パソコン財務会計主任者とは?】  民間資格

パソコン財務会計主任者は、パソコン財務会計システムに関する知識と実務能力を(社)日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会に認定された者に付与される資格です。試験の実施は、財務会計技術者の地位向上と、財務会計ソフトの健全な普及と発展を目的としています。1級と2級があり、2級は財務会計ソフトを利用する上で必要なパソコンの知識と、日商簿記3級程以上の知識および消費税などに関する基礎知識を問われます。1級はパソコンの応用的知識と日商簿記2級程度以上の知識および各種税務などの基礎知識が問われます。

【パソコン財務会計主任者の資格・仕事内容】

IT化が急速に進んでいる現在、大手企業だけでなく中小企業や商店などでも、パソコンとそれを利用した会計ソフトが導入されるようになっており、会計ソフトが使えることは会計業務を行う上では必須になっています。会計ソフトを効率良く使うことができる人材はどこでも即戦力として重宝されます。就職・転職に向けて資格取得するなら、日商簿記と一緒にパソコン財務会計主任者の資格をダブルで取得するのが効果的です。試験内容が重なるので効率的に勉強できます。


  関連書籍はこちら

  この資格を活かせる会社を見てみる

【こんな人にオススメ!】
◇経理部門で働く人
◇就職・転職に役立てたい