経理・会計・経営・ビジネスの資格ガイド~HOME > 建築設備診断技術者の資格・仕事内容

建築設備診断技術者の資格・仕事内容

【建築設備診断技術者とは?】  民間資格

生活パターンの多様化にあわせた環境のコントロール、地球環境を念頭においた省エネルギー運転等が進み、建築設備は、年々その重要性を増大させていますが、電気、空調、給排水衛生、防災など範囲が広く、システム自体も複雑であり、さらに毎日稼働しているという特徴もあります。したがって、日常のメンテナンスや定期的な検査、診断が不可欠です。一方で、設備は技術的な進歩も早く、また、要求される性能や機能も年々高度なものとなってきており、建築設備の改修とその前段としての診断の必要性も増大しています。建築設備の維持保全については、建築基準法そのほかの法律に安全、衛生の確保といった観点から各種の規定がありますが、これ以外にも経済性や機能性なども考慮した診断を適切に行うことが重要で、診断に関する優秀な技術をもった資格者が求められていました。建築設備診断技術者は、このような要請に応えるため、BELCAが財団法人 日本建築設備・昇降機センターと共同で平成7年度に創設した資格制度です。  

【建築設備診断技術者の資格・仕事内容】

建築設備はメンテナンスや機器の更新の頻度が高いので、適切な維持管理を行うことが経済的損失を少なくすることにもつながります。さらに、環境配慮や省エネルギーへの対応などにおいても診断のニーズが高まっており、的確な診断が行える建築設備診断技術者の存在はますます重要になっています。


  資格取得講習はこちら

  この資格を活かせる会社を見てみる

【こんな人にオススメ!】
◇建設・不動産業界で働く人
◇業務を広げたい人