経理・会計・経営・ビジネスの資格ガイド~HOME > 不動産鑑定士の資格・仕事内容

不動産鑑定士の資格・仕事内容

【不動産鑑定士とは?】  国家資格

不動産鑑定士の業務は、土地や建物の適正価格を判定し、円滑な不動産の取引・交渉を実現することです。資料の収集や聞き取り調査、物件環境や交通の便、周辺道路幅の確認等、地道な作業を通じて公平・公正な立場からの鑑定評価につとめる、大きな責任を担う資格でもあります。

【不動産鑑定士の資格・仕事内容】

売買・交換や賃貸、証券化等、不動産に対するニーズば多様化を見せる中、それらの取引・交渉の根幹となる鑑定評価を決定するのが不動産鑑定士です。大きな責任を担うがゆえの社会的ステータスが高い専門職です。建設関係や法律系などの他資格とのダブルライセンスで幅広い業務を請け負うことも可能です。独立・開業に適した資格ともいえます。


  関連書籍はこちら

  この資格を活かせる会社を見てみる

【こんな人にオススメ!】
◇不動産業界で働く人
◇独立・開業を目指したい