経理・会計・経営・ビジネスの資格ガイド~HOME > ファイナンシャル・プランナー(AFP・CFP)の資格・仕事内容

ファイナンシャル・プランナー(AFP・CFP)の資格・仕事内容

【ファイナンシャル・プランナー(AFP・CFP)とは?】  民間資格

個人のライフプランを財政的な面から総合的にアドバイスし、プランを立て実行を手助けする、お金に関する知識の専門家です。家計に関するアドバイザーとしての役割が、ファイナンシャル・プランナー(FP)の仕事です。

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会の認定資格には、AFPと上級資格のCFPの2種類があります。AFPは、金融、証券、保険、年金、ローン、不動産、税金など、お金に関する基礎知識はもちろんのこと、顧客が抱える問題点を聞き出す基本的なインタビュー技術、提案書の作成技術、職業的倫理観なども求められる、プロへの第一歩となる資格です。CFPの受験資格は20歳以上で、AFP有資格者となっています。

【ファイナンシャル・プランナー(AFP・CFP)の資格・仕事内容】

ファイナンシャル・プランナー(AFP・CFP)の資格取得のメリットは、金融システムが変貌している現在、机上の空論ではない、生活に根ざした幅広い知識を持って的確にアドバイスが行えるFPのニーズは確実に高まっています。例えば、住宅購入時のローンの最適な返済プランを提案したり、金融商品の種類が多すぎて自分にあった商品が分からないという顧客に的確なアドバイスをするなど、活躍の場は無限に広がっています。一般企業でも、営業職なら顧客への助言、人事や労務では社会保険や財形貯蓄の提案などで高く評価されます。


  関連書籍はこちら

  この資格を活かせる会社を見てみる

【こんな人にオススメ!】
◇独立・開業を目指したい
◇キャリアアップしたい