経理・会計・経営・ビジネスの資格ガイド~HOME > DC(確定拠出年金)アドバイザーの資格・仕事内容

DC(確定拠出年金)アドバイザーの資格・仕事内容

【DC(確定拠出年金)アドバイザーとは?】  民間資格

金融商品に投資し、その収益によって年金の額が決まる確定拠出年金制度を実施する際に、企業または個人に対して適切なアドバイスを提供することができる専門的な能力を持ったスペシャリストです。確定拠出型年金教育・普及協会が資格の認定を行っています。平成16年より受験資格がなくなり、年齢制限のみになったため、受験へのハードルは低くなりました。

【DC(確定拠出年金)アドバイザーの資格・仕事内容】

確定拠出年金制度を利用する際には、人事労務・財務・資金運用など、専門外の人ではカバーしきれない広範囲な知識を情報が必要とされるため、専門家の活躍が期待されています。個人へのアドバイスの他に、確定拠出年金制度を実施する企業が円滑かつ効果的に実現できるようサポートを行うなど、全般的に関わる仕事になります。確定拠出年金制度の実施以外にも、全国的に個人投資が一般的になりつつあり、投資に関する専門家へのニーズは全体的に高まる方向にあるといえます。


  関連書籍はこちら

  この資格を活かせる会社を見てみる

【こんな人にオススメ!】
◇社会に貢献したい
◇就職・転職に役立てたい