経理・会計・経営・ビジネスの資格ガイド~HOME > CIA(公認内部監査人)の資格・仕事内容

CIA(公認内部監査人)の資格・仕事内容

【CIA(公認内部監査人)とは?】  民間資格

CIA(Certified Internal Auditor)とは、公認内部監査人のことで、企業内部監査人の能力の証明と向上を目的とした唯一の国際的な認定資格です。企業を取り巻く経営環境の激変の中、近年内部監査の重要性が認識されるようになり、内部監査人の能力の証明に対する要求が高まりました。こうした状況から、IIAの日本代表機関である日本内部監査協会(IIA-Japan)では、1999年11月より世界水準の資格であるCIA試験の「日本語」受験を実現しました。

【CIA(公認内部監査人)の資格・仕事内容】

CIA(Certified Internal Auditor-公認内部監査人)は、資格認定試験に合格し、実務経験等の要件を満たした者に授与される称号です。CIA資格認定試験は、内部監査人の能力の証明と向上を目的とした世界水準の認定制度で、世界約160の国と地域で18の言語により実施されています。2009年末現在、世界各国で93,000名以上のCIAが、企業をはじめ多くの組織において活躍しています。 内部監査人の唯一国際的な資格であるCIAの称号は、業務に精通したプロフェッショナルとして経営者の信頼を得て、21世紀のグローバル社会を勝ち抜くための最良の資格といえます。


  関連書籍はこちら

  この資格を活かせる会社を見てみる

【こんな人にオススメ!】
◇監査部門で働く人
◇公認会計士の有資格者