経理・会計・経営・ビジネスの資格ガイド~HOME > 簿記検定の資格・仕事内容

簿記検定の資格・仕事内容

【簿記検定とは?】  公的資格

簿記は、規模の大小や業種・業態を問わず、企業が日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状況を明らかにするものです。日本商工会議所が主催する簿記検定は、多くの企業が社員に対して簿記検定の資格取得を奨励しているほか、大学や短大の推薦入学試験、単位認定の基準に採用されていることなどから、社会的に高い信頼と評価を得ています。

【簿記検定の資格・仕事内容】

簿記を理解することによって、企業の経理事務に必要な会計知識だけでなく、財務諸表を読む力を身に付けられるのは大きな戦力といえるでしょう。ビジネスの基本であるコスト感覚が身につくので、コストを意識した仕事ができるとともに、取引先の計状況を把握できるため、経理担当者だけでなく、すべての社会人に役立つ資格といえます。上位資格である公認会計士や税理士などの国家資格を目指す人にも日商簿記は最適な資格で、どちらの資格も簿記の知識が必要不可欠であり、特に税理士の場合は、たとえ受験資格のひとつである学歴が合致しなくても、日商簿記1級の合格者であれば受験することができます。


  関連書籍はこちら

  この資格を活かせる会社を見てみる

【こんな人にオススメ!】
◇経理部門で働く人
◇就職・転職に役立てたい
◇さまざまな業種・職種で有効